一般社団法人千葉県歯科医師会

- 2013年10月2日 -

11/10(日)平成25年度千葉県口腔保健大会

たくさんの方々にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

県民公開講座「唾液の力がからだを守る」

日時 平成25年11月10日(日) 15:30~17:00 会場 千葉市生涯学習センター 2F ホール
私達の体を単純化して見ると筒の様な形状をしています。口からはじまり肛門に至るまでが、粘膜で被われた内側を形成し、外側は皮膚で被われています。その内側を形成している口からはじまる消化管は、体の中にありますが、常に直接外界に接していることになります。体の内側を形成している消化管の入り口である我々の口には、唾液を中心に、直接外界と接している私達の内側を守り、日々の生活を円滑に過ごせるシステムが存在しています。つまり、唾液は「免疫力」と「潤滑力」を担っています。例えば、唾液は食べ物の消化や飲み込み、円滑な声の発声、食べかす洗浄効果など、我々の日々の生活をスムースにする「潤滑力」として欠かせない存在です。また、唾液には我々を守る「生体防御」つまり「免疫力」としても非常に重要です。唾液には、病原体を殺傷するような抗菌物質が含まれています。また、分泌型IgAと血清由来IgGと二種類の抗体という特異的に特定の病原体の侵入を阻止、破壊するタンパク質が含まれています。この唾液は、我々の口の中で、毎日1-1.5リットル作られ、飲み込んでいることを考えると、唾液は口の中の免疫力として働くだけではなく、口から始まる消化管全体にも貢献していることが、容易に想像されます。つまり、唾液にはじまり口の免疫力は私たちの体を守る「免疫力」の源と言って過言ではありません。その源となる免疫を動かしているのが「粘膜免疫」と言われるシステムであることが学問の進歩で分かってきました。その点も含めて、皆さんと一緒に「唾液」の「免疫力」を考えてみたいと思います。 【講師】清野 宏先生 東京大学医科学研究所所長 教授 【日時】平成25年11月10日(日) 15:30~17:00  

開会挨拶・表彰式

14時~ 口腔保健事業功労者千葉県知事表彰 8020運動普及標語(一般の部)・作文の表彰 高齢者のよい歯のコンクール表彰・受賞者インタビュー

県民公開講座「スマイルアップ!ちば体操」

15時10分~15時30分 首や肩の体操、顔面体操、舌体操そして唾液腺マッサージまで網羅された、上半身すべてを使う千葉県歯科衛生士会オリジナルの口腔機能向上が目指せる健口体操です。みんなで楽しくやってみましょう。

一般社団法人 千葉県歯科医師会