一般社団法人千葉県歯科医師会

- 2019年4月17日 -

「オーラルフレイル」って知ってますか?

「オーラルフレイル」という言葉をご存知でしょうか?

オーラルとは口腔のこと。フレイルとは年を取って筋力や社会とのつながりなどの心身の活力が低下している状態のこと。つまりオーラルフレイルは 「歯・口腔の機能のささいな衰え」のことで、歯の本数の減少や食べにくい・ 飲み込みにくいなどの状況を指しています。  オーラルフレイルになると気付かないうちに「硬いものが食べにくい→柔らかいものばかり食べる→かむための筋力が衰える→さらに硬いものが食べにくくなる」という悪循環につながります。その結果、食欲が低下し全身の虚弱 にもつながります。「外出の機会が以前よりも減った」「おいしいものが食べられなくなった」「活動的ではなくなった」という人はフレイルの危険信号かもしれません。「しっかりかんで、しっかり食べて、しっかり動いて、社会参加」が健康寿命を伸ばす秘訣(ひけつ)なのです。

また、口の気になることをすぐに相談できるかかりつけの歯医者さんを作ることも大切です。

オーラルフレイルについて(日本歯科医師会HPより) http://www.jda.or.jp/enlightenment/oral/about.html

一般社団法人 千葉県歯科医師会