一般社団法人千葉県歯科医師会

- 2019年4月19日 -

酸蝕症って知ってますか?

歯の表面のエナメル質(白い部分)が酸で溶かされてしまうことを酸蝕症といいます。清涼飲料水、スポーツドリンク、果物、果汁ドリンク、サラダドレッシング、ワインなどの摂りすぎ、拒食症や過食症での摂食障害や高齢者の逆流性食道炎での胃酸が原因となります。歯が酸に溶かされると黄ばんできて、光沢を失い、しみてきて知覚過敏の症状を引き起こすことがあります。だからといって酸性の飲食物を避ける必要はありません。自分が好きな飲食物の酸の度合い(pH)を知っておいて、摂りすぎないようにすれば防ぐことができます。またダラダラと時間をかけて飲んだり、食べたりするのは控えよく噛んで食べる習慣をつけましょう。酸性の飲食物を摂った直後はエナメル質が柔らかくなっているので直ぐに歯磨きをせず、お茶や水などの中性飲料で口をすすぐようにして30分から1時間経ったら歯磨きをしましょう。自分ではなかなか気づきにくい上に知らない間に進行する危険もありますので定期的に歯科医院でチェックしてもらうことが大切です。

一般社団法人 千葉県歯科医師会