一般社団法人千葉県歯科医師会

- 2019年4月19日 -

春は歯科健診の季節です

春には学校の健康診断の一環として歯科健診が実施されます。自分ではしっかりと歯みがきをしているつもりでも、気が付かないうちにむし歯が出来てしまうこともあるので定期的にチェックする事が大切です。むし歯は自分で確認しやすい歯の表面だけではなく、歯と歯のすき間などにも出来やすいものです。歯ブラシだけでそうじが行き届かない場合は、歯のすき間を専門にそうじする道具として、デンタルフロスや歯間ブラシを使用する事をおすすめします。歯垢や歯石は誰にでもつき、そのままにしておくと歯ぐきが炎症を起こして歯周病を引き起こす原因にもなります。歯みがきで歯ぐきから血が出る人は要注意です。歯石は歯の表面に強く付着して歯みがきでは除去できません。歯科医院でのクリーニングが必要となります。健診時にむし歯や歯周病になっていなくても歯垢や歯石が付いているお子さんも多く見られます。定期的に歯科医院でクリーニングを受けてむし歯や歯周病を予防しましょう。

一般社団法人 千葉県歯科医師会