一般社団法人千葉県歯科医師会

- 2019年4月19日 -

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に呼吸障害を起こす病気の一つです。睡眠中に何らかの原因で気道が閉じたり、狭くなって呼吸が止まる(無呼吸)、弱くなる、いびきをかく(低呼吸)、などの症状が発現し、苦しくなって起きることを繰り返す病気です。この状態が続くと良質な睡眠が取れず日中に強い眠気を起こして、判断力や集中力の低下が起こり、重大な事故や労働災害などにつながる可能性があり、近年、社会的にも注目を浴びています。また、心臓、肺、循環器系などに負担がかかり、高血圧、心臓疾患、脳血管障害などを引き起こし、突然死の原因になるとも言われています。睡眠時にいびきや無呼吸の症状があり、日中に眠気などの症状があれば、病院で検査された方が良いかもしれません。治療法としては、耳鼻科的な外科療法、口腔内装置、顎顔面外科療法などがあります。口腔内装置は、主治医の依頼により歯科医院で保険適用で作製することができます。

睡眠時無呼吸症候群について(日本歯科医師会HPより) https://www.jda.or.jp/park/trouble/index15.html

一般社団法人 千葉県歯科医師会