一般社団法人千葉県歯科医師会

- 2021年12月13日 -

(難病患者等のための在宅歯科医療推進事業)
対応歯科医師養成研修のお知らせ

 令和3年度より、千葉県委託事業「難病患者等のための在宅歯科医療推進事業」が開始されました。
 千葉県内では約700名の小児が在宅で療養しており、人工呼吸器等を装着している医療的ケア児も多くいらっしゃいます。残念ながら在宅で療養している小児の多くが、日常的な歯科的支援を受けられず、歯科疾患が重症化してから初めて歯科受診をされるケースが多く見受けられます。 これは、小児在宅歯科医療に取り組む歯科医師が少なく、一握りの歯科医師に頼っている現状が背景にあるものと考えます。
 本事業では医療的ケア児や難病患者の在宅歯科医療を担うことのできる専門的知識や技術を習得した歯科医師の養成を目的とし、実施要領に基づき 研修会を開催することといたしました。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

千葉県歯科医師会 障がい福祉保健担当理事 荒木 誠

【座学研修】※オンデマンド配信によるWeb研修

【実地研修】
※新型コロナウイルス感染症により、現時点では開催未定

PDF:【実施要領】
PDF:【研修プログラム】
PDF:【演題抄録】
PDF:(FAX・郵送専用)申込用紙
   ※下記Googleフォームでの申込が難しい場合、申込用紙をダウンロードの上、FAX送信、または郵送ください。

[本研修に係るお問い合わせ]
 千葉県歯科医師会 事務局(事業課)西脇 有紗
 TEL:043-241-6473 FAX:043-248-2977 E-mail:a_nishiwaki@cda.or.jp

一般社団法人 千葉県歯科医師会