千葉県歯科医学会認定歯科衛生士制度

千葉県歯科医学会認定歯科衛生士制度

目的

千葉県歯科医師会会員診療所において、日々真摯に職務にあたる歯科衛生士の向上心を高めるのと同時に、認定歯科衛生士取得という目標を設定することで、その達成感と歯科衛生士としてのやりがいを与える。また、歯科衛生士の離職防止、千葉県歯科医師会非会員との差別化、本会事業の活性化、歯科衛生士会の未入会対策などへの効果も期待する。 今後は指導歯科衛生士等も設けていく予定である。

認定資格

以下の条件を満たすもの。認定は単位制とし、4年毎の更新制。 
・県歯会員診療所に常勤の歯科衛生士もしくは千葉県歯科衛生士会会員歯科衛生士 

認定基準

以下の講習会で30単位を修了したもの。千葉県歯科医学会の審査を経て認定。 
・認定講習会:5~10単位 
・認定実技講習会もしくは能動的研修:5~10単位 

更新基準

以下の講習会で20単位を4年のうちに修了したもの。千葉県歯科医学会の審査を経て更新認定。 

・認定講習会:5~10単位 
・認定実技講習会もしくは能動的研修:5~10単位 

認定講習会

認定講習会としては、千葉県歯科医師会が主催する講習会で歯科衛生士も参加対象に含まれるもの等を認定講習会とする。 
認定実技講習会は歯科医学大会等のハンズオンセミナーやビーバー号出動の際の見学など。また、歯科衛生士復職支援等研修事業や日歯認定歯科助手講習会への補助要員としての支援など能動的研修も単位として検討。 
その他の講習会として、郡市歯科医師会主催の講習会、千葉県歯科衛生士会主催の講習会、千葉県内歯科衛生士養成校の同窓会講習会なども各団体に協力要請し、当該講習会として認定する。 

備考

・いずれの認定講習会も担当委員会、組織に承認を得たものに限る。 
・千葉県歯科衛生士会主催の講習会も認定講習会としていただけるよう協力要請するとともに、本会としては千葉県歯科衛生士会会員も本制度の認定を受けられるよう配慮する。 
・4年の更新制とし、原則として会員診療所を退職すると資格更新できない。ただし、転職先が会員診療所である場合はその限りではない。 

・2022年4月1日から施行

TOP